交際クラブの店舗サイトは矛盾している

交際クラブの店舗サイトは矛盾している

交際クラブは会員を集めるためにオフィシャルサイトを所有していますが、概ねどちらの店舗のサイトを見ても情報があまりなく不十分な感は否めません。何故このような状況になってしまうのかというと、一つのサイトだけで男女会員の集客をしようとしているためです。当たり障りのなり内容であれば記載をすることは容易ですが、男女双方の会員に対してのワンポイントアドバイスやQ&Aに関しての細かい内容は、実は相互に見られたくないような部分が大半です。かなりセクシャルな内容を含む部分もあるため、条例でルールが定まっている分、直接的な表現は避けられてしまうものの、グレーな行為を匂わすような内容はどうしても出てきてしまいます。そこを交際クラブを利用しようとする男性も女性も気になり知りたいと考えているものなのです。直接的に案内出来ないならばまだしも、男女会員双方の顔色を伺いつつイメージダウンにならないような当たり障りのない表現のオンパレードでは当たり前のことしか記載されていないでしょうし、誰も見ようともしないでしょう。そうなると、表向き訳の分からない怪しげな業界とサービスの用に見えてしまうのです。私個人としては、この問題を解消するために、そもそものウェブを男女それぞれ用に別けるのも手段だろうと考えています。つまり、店舗サイトのコンテンツ内でページを別けるのではなく、入り口のページで男性か女性かを振り分けルことができれば、相互のページを行き来き出来てしまう懸念は解消されるのではないかと思います。または、完全にサイトを2種類に分けてしまうのも手でしょう。客観的に考えると、そもそも男性向けの内容と女性向けの内容が同じ空間で上手く説明別けできるはずがないのです。今の業界のサイト構成の流行りだけを考えると、「交際クラブ」という言葉を知らなければ、そもそも女性はたどり着けるサイトにはなっていないのです。殿様商売と単純に考えてしまってこういうところまで利用者の気持ちを汲み取って対応していないことが問題点といえるのではないでしょうか。怪しい・危険といわれても仕方ないです。
パパ活 LABO

当サイトについて

  • イチを聞いて風俗を知るはリンクフリーです。バナーは以下をご利用ください。

  • ナニコレ風俗百景

    88 x 31