• イベントに参加してから秋葉原のデリヘルへ

イベントに参加してから秋葉原のデリヘルへ

イベントに参加してから秋葉原のデリヘルへ

週に2回ぐらいのペースで秋葉原に遊びに行っています。大体平日の仕事帰りと、週末の土日のどちらかといった感じです。本当は毎日でも秋葉原に通いたい所なのですが、さすがに仕事帰りに気軽に立ち寄り続けていてはお金もすぐに使ってしまうので、ほどほどにセーブをしています。最近は秋葉原で好きなジャンルのイベントに参加してから、デリヘルでたまに遊ぶのが自分の中での定番となっています。イベントで可愛い女の子とかが出ているのを観ると、ついつい興奮して来てしまって、こんな娘がエッチなことをしてくれたら良いのにと色々と妄想をしてしまいがちなのですが、そういった時に起きたムラムラを解消するために秋葉原のデリヘルに行っているのです。しかし、デリヘルだと普通に秋葉原のイベントでコスプレをやったりしている女の子と比べるとワンランクぐらい女の子のルックスが落ちます。今回はイベントが終わったのが夕方頃だったので、夜からホテルを適当にとって、そこでデリヘルに電話して女の子を呼びました。秋葉原はデリヘルを呼びにくいホテルが多いようで、かなり警戒されているみたいですが、色々とネットの口コミを調べて抜け道を探してあります。おかげで今までホテルの方から電話があったことはありません。この技術を身に着けて良かったのか悪かったのかわかりませんが、これも一種のテクニックです。さて、今回呼んだのはどちらかと言えばちょっと気の強そうなタイプのお姉さん系の女の子でした。秋葉原にいそうないかにも可愛い系の女の子を呼ぶと、これまで結構地雷を引いたパターンが多かったので、その反省を踏まえてお姉さん系を呼ぶことにしているのです。これが、不思議と外れが少ないんですよね。この手の女の子の全体数が少ないからか、たまたま地雷が少なくて当たっていないだけかも知れませんが、今回呼んだ女の子は若干微妙な感じでした。やってきた時に結構ニコニコとしながら迎え入れましたけれども、内心は若干がっかりとしていましたね。それはもう仕方がないものと頭では理解をしていて、デリヘルを呼んでたとえタイプでは無い娘がやって来たとしても、イベントに出てた女の子とエッチなことをしていると想像をしてプレイをしています。自分でもやっていることが結構酷いと思ってはいますが、イベントに出ている女の子は高嶺の花、とても自分に手の出せるレベルではありません。だからこういった妥協も必要になってくるという訳です。
秋葉原 デリヘル!人気のイメクラ風俗【coco369】

当サイトについて

  • イチを聞いて風俗を知るはリンクフリーです。バナーは以下をご利用ください。

  • ナニコレ風俗百景

    88 x 31